春の目覚め

日が長くなり、雪が溶け、桜が咲き、散り、葉をつける頃

辺り一面生き返っていく。


つい先日、山でキャンプをした時。

夜中に目が覚め、まだ辺りが暗いなか雪の残る小高い丘まで登った。

漆黒の闇の一部がコバルトブルーになり、たちまち光が広がっていく。

朝が来た。

そして、それを待ちわびたかのように鳥たちが鳴き始めた。


街も山にも、春がやってきた。


山以外では引きこもっていた私にも、そろそろ出てきなさいという便りも届いた。


不思議なものだなと思うのは

やっぱり人は季節によって動かされてる事。