何様バッタ

ずっとこのトリオの話はしたかったのですが、本番前のギリギリになってしまった。


私に共演のお声がかかる事は、それほどたくさんはない。昔はあったけど段々と減ってきた。

それは何より、私自身に原因があり、簡単に言うと相手が求める音楽をせず、なんでも自分の音楽にしてしまうからだろうと思っている。


最近ではクラシック系の方には、今はそう言うのやってないので、などとお前は何様的な発言をしてきた。

今回のお二人もクラシックが主の方々で、お話をいただいた時、同じような何様発言をした。

「それではこんな感じだったらどうですか?」という、私の負担を減らしてくれる提案をされた時は、本当に必要とされてるんだと思い嬉しかった。


それから今日まで、8時間半に渡るリハーサルを経て本番を迎えます。2回目となるこのトリオ、なんかええ感じな気がする。


まだ若干お席があるみたいですので、興味のある方は是非。私、なぜか朗読もしますよ。