なぜか陽水

数年前に中古レコード屋で買った陽水

なぜか「平凡」というタイトルで、なぜか陽水の後頭部がアップになったジャケット写真なのである。なぜか上海。
現在、我が家のターンテーブルにはビリージョエルが乗っているがそれまでは半年くらいほぼ平凡。
ベスト盤という事だけれど、まるでオリジナルアルバムを聴いているように自然に曲が流れる。
大好きな星勝のアレンジは冴えまくってるし、私がジャズに傾倒するきっかけになったギタリスト、高中正義も非常にカッコいい。

で、改めてこの時代の陽水のオリジナルCDを2枚買って聴いてみたけどやっぱり凄いです。裏切らないなぁ。
自分自身が、やっと良さが分かるようになってきたのかもしれない。このヒトの危険な香りが香るようになってきた。

少し前の音楽って現在のとは全く次元が違う。上手くは言えないが欲望が渦巻いている感じ。。。
恵まれていて豊かな現在の暮らしの中には生まれないものなのか。

80年代。この頃の私は小学生で、ビートルズに出会った頃だった。テレビアニメの主題歌をラジカセでマイク録音していたら母。「たっちゃーん、ご飯できたわよ〜」となり、チッてなってた子供の私。
およげ!たいやきくんなんて何回聴いたことか。