来たのね春

それは、こちらがまだまだ気持ちの準備もできてないのに、強引にやってきて
辺り一面無理やり叩き起こして
生温い風を送り
蕾を膨らませ
雪を溶かし
私を動揺させる

春が来たのではない
冬が終わった。

吹雪くことなく安定した青空の下
雪山を清々しい気持ちで歩くことは、今年はもうできそうにない。
時期を逸した。。

その代わりに、春の似合うお二人と麗らかな音楽を奏でることができる。
Trio spring notes 
ステキなタイトルではないですか。
今回私は裏方として2人の魅力をこれでもかと言わんばかりに引き出してやろうかと企んでます。
明日のリハ、ちゃんと自分の想いを伝えないと。