有意味



昨夜のこと

ゆっくりと、ビルエヴァンスのDVDを鑑賞しながらお酒でも飲もうと引き出しを探すも、見当たらない。
その代わり、一枚の何も書かれていないディスクが目に止まった。

気になって、再生してみるとなんとそれは
5年前におこなった、川口知子とのライブの映像だった。

2012年。
それは、私が最もクラシックに傾倒していた頃。
Bel Suonoの3枚目の録音をする前くらい。

思わず全部鑑賞してしまった。
そして思った。
よくこんなの弾いてたな〜と。

ライブが数日後に迫ったこの時期に
このDVDが出て来たこと
それはまさに必然。
緻密さでいうと圧倒的に5年前の演奏が上だ。
しかし、ダイナミクスと表現力という点では、今の自分の方が優っていると思う。
いろいろなネガティブな事も沢山考えさせられたけれど、何はともあれ川口知子と5年ぶりに音楽を真剣に取り組めて嬉しい。

彼女は真面目で情熱的な素晴らしい演奏家だと思う。
あれからお互いに変わったけれど、
根本はやはり変わってなくて。

そして今宵。
出てきた一枚のディスクの意味を考えながら
聴くエヴァンス。お酒がうまい。
それにしても、エディゴメスを見てると誰かさんに見えてしょうがない。

当時よく撮影していただいていた辻さん、ありがとうございました!!