脱皮

なぜこの方と演奏するとこんなに疲れるのだろうか。

今日一日、その事をずっと考えていた。

とにかく、死に物狂いで弾いていたような気もする。
2時間のステージを立って演奏したこともあるのだろうな。
でも、そんな事よりもきっと、秋田氏によって私自身の内面を思いっきり引きずり出されてしまったのが一番大きいのかもしれない。
正直、演奏の記憶があまりない。

来て頂いた方からは、ずっと聴いていたいとか、鳥肌が立ったとか、お褒めの言葉を頂きましたが。
自分としてはとにかく必死で弾いていただけなので
えーそうなのですか〜〜??
と、他人事のような気さえします。

みなさんありがとうございました。
秋田さん、あなたの音楽を共有させてもらえた事は光栄で、大袈裟かもしれませんが生きてて良かったと思えました。

前回よりもさらに今回は抜け殻ですが
また、次のライブに向けてきっちりやっていきます。