overjoyd

福島修二とのライブは、自分でも気づかないうちに重要なものとなっていた。

同じ楽器で上と下を入れ替わりながら
曲をクライマックスに持っていき
その中で、自分たちの音を主張し合う
始まってみないとどうなるか想像がつかない

いわゆる「JAZZ」なんでしよう。

そんな、他では決して得られることのないスリルと興奮があるから
私の心は満たされるのです。

今回で改めて気づいたのですが
このデュオではわたし、
結構取り乱してるようです。
大人になりたいけどなりきれず
彼とだとついついはしゃいでしまう
ようなのです。
決めたことも勝手に変えてしまったり、曲説明のMCで暴走して福島氏に止められたり。
そんな私ですが、
もしよかったら
またおいでください。

失礼な話ですが
あんな行きにくい、少し影のある街に
遠いところからお越しいただける事には
心から感謝の気持ちでいっぱいです。
あのお店の雰囲気は、なかなか他にはない
少しセンチメンタルな気持ちにさせる所が良いですね。

美味いラーメン屋も発見してしまった事ですし
また、東大阪へ行く楽しみが増えました。

明日は我が生徒たちの発表会。
客席でゆっくり聴かせてもらうのがすっごく楽しみです。みんな楽しんで!
夜は大阪JAZZの老舗、ロイヤルホースのライブです。これも非常に楽しみで、フルアコを抱えた私は恐らく、大爆発するのではと思ってます!
それぞれの場で、自分の愛する楽器たちの活躍する場が与えられてとても嬉しい。