猫かぶり王子

ウクレレライブのリハーサルをしてきました。

 

クラシックギターのゲスト演奏の事で頭が一杯でありながらも、コツコツと準備してきた。

お相手はベース山口雅巳、だったはずが訳あって出演できなくなり

急遽ピンチヒッターとしてギター福島修二に。

ブログ上でだけ「ギター王子」と読んでいる彼。

今回も忙しい中、きっちり準備してきてくれた。

 

とはいえ、きっちり伴奏するかというとそうでもなく、

人をおちょくるような変態的なフレーズを繰り出したり

楽譜以外のことを勝手にしようとしたり

自分のミスを私の楽譜のせいにしたり

前半絶好調、昼食後眠くなってやる気が半減、などなど

笑いの絶えないリハとなりました。

 

彼には、あのリハのときのような演奏を期待したいものだが、

案外と本番は猫かぶるところがある。

どうか皆さん、彼のおちゃめな所を引き出してあげていただきたい。

 

満席御礼でございます。

 

彼とは12/8でもギターデュオで対決します。こちらもよろしくお願いします。