新世界

まあ、とにかく今は頭のなかの殆どが音楽で占められているわけで、暇さえあれば弾いています。

 

場数をこなす、そういうやり方はやはり自分には向かない。

一つのライブにたくさんの時間と思いを費やしたい。

今回のアルバムには曲解説がありません。「こう思って聴いてほしい」というのが特にないからですが、ライブの時にはその曲を書いた経緯や、イメージも少しお話したいと思っています。あと、身の上話も無理やり聞かせます。

 

まだまだ集中力は衰えておらず、この時期は大好きな山のこともまったく考えてない。新しい世界の扉が開かれる予感がする。そんな自分が結構好きなのであります。

 

早く皆さんに会いたいです。お待ちしております。