原点

まだ若かりし頃、がむしゃらに音楽をしていた頃。

音楽で食べていくことが全く出来てなかった頃、共に試行錯誤しながら取り組んでいた相手がいた。

 

フルート佐々木恭子。

彼女とジャズを元に音楽全般について本当に「闇雲に」模索し続けた相手である。

三重県に住みながら、お互いに何度となく大阪に来てくれた。僕も同じくらい行った。

名阪国道の走り方はトラックの運転手並みに心得ている。

 

その後、僕はコントラバス大谷訓史との演奏が中心になり、佐々木は地元で活動していた。

この間、彼女にはたくさんのできごとがあった。この場では語り尽くせないほどの重く苦しい経験をし、音楽活動は続けられなくなった。それを不屈の精神で乗り越え、数年前に中野恭子として音楽の世界に戻ってきた。

どんなきっかけだったかは忘れたけれど、一昨年くらいからまた一緒に演奏する機会が増えてきて、三重県に呼ばれることが多くなった。当時はなかった新名神もできた。

 

彼女は変わっていた。なにか吹っ切れたような感じで、それは他の誰にも出せない、人間がそのまま滲みでたような音で。

綺麗とか心動かされるとか、そういう平坦な言葉ではとても表しきれない。とにかく、納得のいく音。

 

そんな彼女の音を大阪の人たちにも聴いてもらいたくて、4月3日にDear Cupでのライブを企画しました。

どんなライブになるのか全く予想できない。かっちりと決めて演るのを嫌う人なので、始まってみないとわかりません。僕のオリジナルは数曲演奏する予定ですが、これもどうなるのかわかりません。始まりと終わりが違う曲になるのかもしれません。

こういうの、楽しみでしょうがない。

皆さんのお越しをお待ちしております。