終わった

ソロギターのレコーディングが終わった時、自分の心境は一体どんな感じなんだろう。

今苦しんでる分、それはもう晴れ晴れとした爽快感だろうな。

 

そう思っていた。しかし。

レコーディングの日を迎え、すべてを録り終えた後、予想を遥かに超える憂鬱が襲ってきた。

言葉では言い表せないくらいの暗い闇に突入してしまい、不安なきもち。

「産後うつ」

そういえば前作のレコーディングの時もそうだったよな。

 

出来上がった音源をいただくときにレコーディングエンジニアの南川さんに言われた一言。

「一旦クールダウンして三日後くらいに聴くといいですよ」

我慢できずに二日後の今、聴いている。

 

非常に荒削りではあるけど、一人で長い間迷いながらも、積み重ねてきたものが一枚のCDに収めることができたように思います。

聴いていると自分が自分の音で少しずつ癒やされていく。

Bel Suonoの3枚目のアルバムと同じギター、スタジオ、エンジニアなのに音が格段に向上している。

ホセ・マリンの軽やかな高音が豊かに響いている。

本当に大変だったけど、初めて一人で作品を創ることができたことを嬉しく思う。

今回のレコーディングで強く感じたこと、それは「練習は裏切らない」ことです。

大体の曲を3テイク以内で決めました。やれば出来る子でした。

 

これからジャケット制作や、販売するための諸々の作業に入ります。アルバムタイトルも決めないと。

その前に確定申告だ。英語ではFinal returnだって。タイトルにいいかも。

 

久々に安全地帯を唄いたい。

ありがとうございました。