狩人もしくは漁師

クリスマスイブの日

 

朝から車屋へ行き、不調を訴え、時間つぶしに門戸厄神へ行きなんとなく手を合わせ、その後兵庫県立芸術文化センターでコンサートのチラシをあさり、ハードオフで中古ギターをあさり、家に帰ると宿題にとりかかった。

 

宿題、それはあるカバー曲のアレンジ。

大好きな曲でライブでも演奏したが、もっといいものができそうな気がしてキーを変えたりコード付けを変えたり、リズムを変えたりいろいろと改良策を模索している。

模索し続けている。

悩みぬいている。

煮詰まっている。

やっぱりやめようかと思っている。

 

ソロなので、常に自問自答なのは前にも書いたけれど、だんだんと冷静な判断力がなくなってきたような気がする。

「今日は収穫がなかったな」

まるでマタギのような気分だ。

「果報は寝て待て」

気になって寝れない。

この孤独なロードに耐えられるのか。

完成するまでのプロセスを考えると気が遠くなる。

 

サンタクロースよ。私に希望を。