筆入れ

今年中にしなければいけないこと、それは録音する曲達を楽譜に起こすこと。

 

オリジナル曲は頭のなかにあって、楽譜にしてなかったものがあるし、譜があってもレコーディングで使えないような適当なものしかなかった。

今回は、レコーディングするにあたってちゃんとした譜を書くつもりでいた。

 

しかし、書いていると自分がいかに適当に弾いていたのかを思い知る。

決まった音が少ないのだ。毎回その時の気分で演奏を変えるから決まった音が書けない。よって、あんまり黒くない楽譜になる。

自分のスタイルだからそれでいいか。

 

そして、譜が揃ったら今度はそれを見ながら練習して書き込みを増やしてどんどん黒い譜にしていくのだ。

ライブでは譜は見ないけど、今回のレコーディングはしっかり見て弾こうかなと思っている。

カモシカの譜には山の絵を描こうか。違うか。

 

見て弾く理由は、また次回。

あ、そうだ。28のライブでは苦しみの末にようやく生まれた新曲を王子と演ってみようと思います。

来てくださいね。