酔日市

フルート中野恭子とのデュオ。

たくさんの方々にお越しいただきありがとうございました。


昨年の彼女の復活ライブから1年。また今年もライブをできたことが嬉しい。

そして、いろいろなミュージシャンから声がかかり演奏活動が忙しい彼女の、年に一度だけのリーダーライブの共演者として選ばれたことが尚嬉しい。


ただ、このライブは僕のいつものライブとは違う。

リーダーの言うことには逆らえない。

選曲や曲順はもちろん、演る前に呑めと言われたら逆らわずに呑む。

「ストイックに演るのは自分がリーダーの時でいいのよ」と言って呑まされる。

酔った状況で本番を迎えるのは恐ろしい。集中力をキープするのも大変なのだ。

こんなのありか?お客さんに対して失礼ではないのか?と、思ったりもするのだけれど、どうやらありのようだ。


リーダーの要求に出来る限り応える。そこに自分の主張も交えながら。

けれども、ライブが始まれば常にイーブンの関係で、音で会話しながら音楽を高めていく。なにせ15年にもなる付き合いなのだ。合わないわけがない。

そんな気心知れた相手とのデュオはやっぱりいい。


セットの間にも呑めと言われ、曲の間にも呑めと言われ、演奏が終わってからもお客さんたちからお酒をいただき、この一年でもっとも呑んだ一日となってしまった。それでも、演奏はきっちりできましたよ!

四日市の皆さん、いい人たちばかりだ。

来年は大阪でもやりたいな。








コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Lindsy Isreal (木曜日, 02 2月 2017 01:58)


    Hello there, I discovered your blog by the use of Google even as looking for a similar topic, your website got here up, it appears good. I've bookmarked it in my google bookmarks.
    Hi there, simply became aware of your weblog thru Google, and found that it's truly informative. I'm going to watch out for brussels. I'll be grateful when you continue this in future. A lot of folks shall be benefited from your writing. Cheers!