栗ごはん

先日、ある人とこんな話をしました。


音楽は平和で豊かでないと楽しめない。

本当にそうなのか?

苦しみや悲しみの中で音楽によって救われることもある。

それは、一部の人のためだけにあるわけでなく、聴いたり弾いたりする事で癒されるすべての人のために音楽は、ある。


そして、それを人に聴いてもらう時。自分が演奏する時。

物音ひとつない、苦労せずとも集中できる環境でなければいけないのか。それともなかなか集中できない状況で、それでもしっかりと伝え伝わるのか。


すべての人に好きになってもらおうとは最初から思っていない。

自分のもっとも納得いく演奏ができた時、共感してもらえたらそれで十分。

音楽を通じて、人と人が出会ったり、心の闇に光が差し込んだり、体が動いたり歌いたくなったり。

そのどれか一つでも感じてもらえたら、これ程嬉しい事はありません。


ガレリアにお越しいただいた皆さん、嬉しかったです。ありがとうございました。