霧の中の太陽

演奏があった日の晩はなにか書きたくなります。


僕のギターは、人の心にどんなふうに響くのだろうか。

今のこのやり方で本当にいいのだろうか。

自分が正しいと信じるものにいつか裏切られたりしないだろうか。


そんな思いをいつも心のどこかに持っている。

でも、弾き終わると「大丈夫」と思える。

聴きにいらしてくれる方々の言葉が安堵を与えてくれるのだ。


Billy Joelを弾いている時、遠くでかすかに聞こえるマスターの鼻歌。

「Calling You」を弾いている時の、静まり返る店内。

僕が目を閉じて弾くのは、真剣に聴いてくださる皆さんと目が合うのが恥ずかしいのです。

あの曲はオリジナルですか?と聞かれるときの嬉しさ。

聴きに来れなかった人から、どうだったか気にしてもらえること。


そんなことを思いながらお酒に酔いしれる今宵。

一人で黙々と練習に励んできた疲れが癒やされます。


こういったことが、明日からまたがんばろうと思わせてくれるし、続けることができる原動力になります。


カバー曲。弾くならば上っ面ではない、自分の音、曲として演奏できる作品しか演らないと決めています。

それでも自信を持って言えるのは、自作曲が一番ギターがいい音で鳴ります。

「知ってる曲がひとつもなかった・・・」と、言うご婦人もいらっしゃいました。

貴女が知ってる曲が僕の曲になる日がいつか来ますように。


そんな願いを込めて、もう一杯呑もう。