クレオール、その後

半年間の思いがぎっしり詰まったソロライブは無事に終了しました。
皆さん、本当にありがとうごさいました。

詳しくは書きませんが、ひとつ、自分にとってとても大きな自信に繋がる出来事があり、これからもソロギターを弾いていく強い決心がつきました。

しかしながら、クレオールはやっぱり虎の穴の様な場所です。
マスターはあんなに気さくないい人なのに、お店が持つ崇高な雰囲気が緊張感を高める。
素晴らしい演奏家が素晴らしい音を求めて出演する場所だけに、風格というものがあるような気がします。

半年後、またこの場所で自分がどんな演奏ができるのか、まったくわかりませんが、せめてもう少し納得のいく演奏をしたいなと思います。
自己を解放するということの難しさを再認識した、ライブだったのです。
6月の奈良でのソロは皆さんに楽しんでもらえるよう、頑張ります。





コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Providencia Dahle (水曜日, 01 2月 2017 23:09)


    Hey very nice blog!

  • #2

    Kip Stockton (金曜日, 03 2月 2017 06:06)


    Hey there! This is my 1st comment here so I just wanted to give a quick shout out and say I really enjoy reading your posts. Can you recommend any other blogs/websites/forums that cover the same topics? Thanks!

  • #3

    Lilly Sterling (金曜日, 03 2月 2017 14:17)


    What's up colleagues, how is all, and what you desire to say concerning this post, in my view its genuinely amazing in favor of me.