春の憂鬱

春。実を言うと一番苦手な季節です。

天気は不安定だし空は青くない。世間は慌ただしいし気持ちはあまり上がらない。

Spring can really hang you up the mostという曲がある。

うん、春は憂鬱だ。


今にも弾けそうなつぼみや花、鳥のさえずりや樹の葉の青。

目にするすべての生き物や景色が目を覚ましていっせいに歌い出す。

そんな急激な変化に僕はついて行けず。


夜、電気を消して酒を飲みながらギターを奏でる。

20代の頃はそんなことを毎晩してたよな。

どうでもいいことはすべて忘れることができる。大事なことだけを思うことができる。


こんな季節は静かな夜がいいのかもしれないな。