音で繋がっている

7月ですね~。

相変わらず充実した音楽生活を送っています。

毎日いろんなことがありますが、楽しいです。辛いこともあってこその喜び。

 

先日、ライブの打ち合わせで訪れた四日市。その晩、共演者がライブに出演するとの事で、僕も数曲参加させてもらえることに。

ピアノトリオと共演するなんて何年ぶりだろう。ワクワクしながらお店に行きメンバーと握手を交わす。

初対面の人と話すのは大の苦手なので、すぐにリハが始まったのは嬉しかった。言葉よりも音を出してるほうが皆さんのことがよく分かる。

 

で、気がついたらほとんどの曲で弾いてました。各ステージの1曲目に弾かなかった以外は。

「せっかく遠くから来たんだから」という計らいだったのかもしれない。でも、1曲目が終わって、「ギター入って!」と言われるのは嬉しかった。中学のバスケ部の時にレギュラーを勝ち取った時の喜びのようだった。

その夜は本当に楽しくて終始笑ってました。四日市のジャズファンは熱かった!

 

時計も12時を回った頃、皆さんと別れて僕は車中泊。翌日は朝六時から山にいました。

 

その他にも、生徒によるギターライブやハーモニカの辻さんとのライブ、かなりひさびさとなる名小路谷典子との共演が決まったりと、2014年の後半に向けて弾みとなる6月でした。

もうすぐ本格的な夏がやってきます。にっぽんの夏、ウクレレの夏!